Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第11章 暗闇
どうやら、ケンさんも私が不機嫌な理由がちゃんと分かっているらしく、少しだけ困ったような笑みを浮
かべていた。

「……葵」

「はい?」

「少し痩せたか?」

腰を折り、私の顔を覗き込んでくるケンさん。

「そうですか?」

「あぁ、飯、ちゃんと食ってるか?」

そう聞かれても、ケンさんに「最近は全然食べていません」なんて言えない私は

「……ちょっと夏バテ気味で……」

そう言って誤魔化すのが精一杯だった。

「……そうか」

ケンさんは私の嘘をいとも簡単に信じてくれた。

胸の奥がズキンと痛む。

それが罪悪感の所為だって私はちゃんと分かっている。

分かっていて、ニッコリと微笑んでみせる私は最低だ。

「……今から何します?」

私は話を逸らす様に違う話題を振る。



「あぁ、そうだな……」

「もしかして、ノープランだったりします?」

「……」

「……」

「……バレたか?」

「……やっぱり」

128
最初 前へ 125126127128129130131 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ