コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第16章 言葉と想い
「寝るだろ?」

「は?」

「だから、ずっと寝てねぇーんだろ?」

「うん」

「だったら寝ればいいじゃん」

「どこで?」

「ベッド」

……。

はい?

この人は何を言っているんだろう?

自分が怪我人のくせに

さっきまで意識がなかったくせに

……っていうか、こんな状況で私がベッドを使うなんてできないし!!

「大丈夫!!」

「は?」

「看護士さんにお願いして簡易ベッドを貸してもらうから」

「簡易ベッド?」

「うん」

「……そうか」

「うん。だから、ヒカルは大人しくそのベッドに横になっていて!!」

「……」

私がベッドの掛け布団を捲り、そこをポンポンと叩くとヒカルは渋々といった感じで横になった。

◆◆◆◆◆

ヒカルのベッドの隣に看護士さんに準備してもらった簡易ベッド。

“簡易”なだけあって寝心地はあまりよくない。

それでも、そのベッドに身体を横たえた瞬間、私は至福の溜息を零した。

疲れたっていう実感は全くなかったけど・・・。

気付かなかっただけで、どうやら私は相当疲れていたらしい。

病室のメインの電気は消され、ヒカルの枕元にあるライトだけが淡い光を放っている。

その淡い光加減がまた眠気を誘う。

95
最初 前へ 92939495969798 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ