コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第16章 言葉と想い
その後姿を見送った私は、一旦集中治療室を出た。

そのまま、ケイタイが使える所に行き、シュウさんに連絡をした。

ヒカルの意識が戻った事を報告すると、シュウさんは安心した声で「すぐに自分もそっちに行きます」と言ってくれた。

それから、私は桃香ちゃんと葉月ちゃんにもメールを打った。

送信した数十秒後に戻ってきたメールには“アユちゃん良かったね!! 明日、私達もまた病院に行くから!!”と書いてあった。

“いろいろとありがとう!!”

そう返信して私はケイタイの電源を切り、集中治療室へと戻った。

◆◆◆◆◆

意識が戻って数時間後。

ヒカルは集中治療室から一般病棟の個室へと移ることができた。

一般病棟へ移ってしばらくは連絡を受けて駆け付けたチームの人達が次々に訪れた。

色々と話があるんだろう。

そう考えた私はその間にシュウさんが買ってきてくれたお弁当を食べ、シャワーを借りて浴びた。

ヒカルの病室にもシャワーは付いていたけど、さすがにそれを使うのは気が引けたから、看護士さんにお願いをしてシャワー室を使わせてもらった。

全てを終え病室に戻ると、そこにはシュウさんだけが残っていた。

声を潜めるようにして話をしている2人。

その表情は険しかった。

ドアのところに立っている私に先に気付いたのはシュウさんだった。

「おかえり」

その瞬間、病室内に漂っていた緊迫感が解けた。

「あっ、ただいま……です」

まだ、戻ってこない方が良かったかな。

そんな想いが胸を過ぎった。

「んじゃあ、ヒカル、俺はあっちに戻るから」

「はい」

「ゆっくり休んで早く復活しろよ?」

「はい」

シュウさんは私に軽く会釈して病室を出て行った。
93
最初 前へ 90919293949596 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ