コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第16章 言葉と想い
看護士さんが尋ねた。

「いいえ、幼馴染なんです」

「そう。心配よね?」

「そうですね」

「多分、もうそろそろ気が付くと思うんだけど」

「本当ですか?」

「うん。先生の診察では順調に回復しているみたいだから」

「……よかった……」

「身体の傷の経過もいいみたいよ」

「そうですか」

看護士さんは、うんうんと満足そうに頷いて再びヒカルの身体に布団を掛けた。

「じゃあ、なにかあったら声をかけてね」

「はい、ありがとうございました」

看護士さんの言葉に私の気持ちはかなり軽くなっていた。

「……ヒカル、早く起きてね」

私はヒカルのおでこに唇を寄せた。

◆◆◆◆◆

この病院に来てから3回目の夜。

それは消灯時間を過ぎ、院内に静かな夜が訪れた頃だった。

ヒカルはようやく意識を取り戻して、目を覚ました。

ゆっくりとその瞳を開いたヒカルは真っ白い天井をボンヤリと眺めていた。

「ヒカル?」

「……アユ?」

私の呼びかけにヒカルは掠れた声で答えた。

「大丈夫?どこか痛い所はない?」

「……なんか知んねぇーけど全身が痛ぇ……」

「分かった!! 看護士さんを呼んでくるからちょっと待っていて!!」

椅子から立ち上がった私の腕を

「……アユ……」
91
最初 前へ 88899091929394 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ