コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第16章 言葉と想い
手。

久々にヒカルと過ごす時間。

それは、新たな発見の連続だった。

いつの間にか私より大きくなったヒカルの手。

いつの間にか私より太くなったヒカルの腕。

しばらく見ない間にヒカルは男らしくなっていた。

小さな発見をする度にヒカルとの距離が縮まっていくような気がしていた。

窓の外が微かに明るくなりかけた頃、シュウさんがコンビニのお弁当やおやつや飲み物を持ってきてくれた。

お昼過ぎには、桃香ちゃんと葉月ちゃんが着替えを持ってきてくれた。

夕方から夜にかけて、ヒカルのチームの人が入れ替わり立ち代りお見舞いにやって来てくれた。

集中治療室には付き添える人数が決まっていたからその間に私はシャワーを借り、食事をした。

そして、また長い夜がやってくる。

「少し休まなくて大丈夫?」

夜勤の看護士さんが心配そうに声を掛けてくれたから

「大丈夫です!!」

私は、笑顔で答えた。

「そう?辛くなったらすぐに言ってね。本当はダメなんだけどここに簡易ベッドを持ってくるから」

「ありがとうございます」

看護士さんは慣れた手付きで、ヒカルの脇に体温計を挟み点滴の量や機械に表示された数字をカルテに書き込んでいた。

それから、ヒカルの身体にかけてあった布団を捲ると傷口の消毒やチェックを始めた。

それをボンヤリと見つめていると

「彼氏?」
90
最初 前へ 87888990919293 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ