コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第16章 言葉と想い
ヒカルの隣で思う存分泣いた私は、立ち上がった。

いつまでも泣いている訳にはいかない。

私には今やらないといけないことがある。

それから、ヒカルが意識を取り戻すまで

私の闘いは始まった。

◆◆◆◆◆


集中治療室を一旦出た私は、心配そうな桃香ちゃんと葉月ちゃんに笑顔で「大丈夫」だと告げ、お礼を言って帰ってもらった。

それから、シュウさんには「ヒカルが意識を取り戻すまで、ヒカルの親には連絡をしないでほしい」とお願いをした。

シュウさんは当然の如く私のお願いに渋い顔を見せた。

そんなシュウさんに「ヒカルが意識を取り戻すまで私が傍にいますから。」と告げた。

「でも、アユさん。家族の方が心配されるんじゃないですか?」

「私の両親は親戚の結婚式に出席する為に海外に行っているので1週間は大丈夫です。もし、ヒカルの意識が1週間経っても戻らない時には私からヒカルの家族に連絡をいれますから」

そんな私の提案にシュウさんは渋々とだけど納得してくれた。

それから、私はずっとヒカルの傍にいた。

1日目の夜はとてつもなく長く感じた。

家にいたら、ごはん食べて、お風呂に入って、塾の復習をしてって感じであっという間に時間は過ぎていくのに

ここでは、別にこれといってやることもない。

数時間おきに様子を見に来てくれる看護士さんと一言、二言言葉を交わすくらいだった。

ゆっくりと流れる時間の中で、私はずっとヒカルに触れていた。

額。

頬。

首筋。
89
最初 前へ 86878889909192 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ