コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第15章 負った傷
「今は意識がありませんが、時間が経てば意識は戻り傷も完全に回復するそうです。2週間ほどの入院は必要らしいですが、命に別状はないらしいです。……ただ……」

「……?」

「精神的な傷はかなり大きいかもしれません」

「精神的な傷?」

「ヒカルはケンカで他人に負けたことがありませんでしたから」

「そうですか」

「だから、あなたをお呼びしたんです」

「えっ?」

「自分達はヒカルの家族のことを何も知らないんです。ヒカルも絶対に話そうとはしなかったので」

「……」

「気が付いた時に身近な人間がいた方がヒカルも安心すると思ったんで・・・。ヒカルがチーム以外の人間と話していたのはあなただけだったので、もしかしたらと思い彼女達に尋ねてみたんです」

「そうですか」

・・私がいてもヒカルが喜ぶとはとても思えないけど

それでも、こんな時にヒカルのそばにいれるのが私でよかった。

私は、心底そう思った。

◆◆◆◆◆

鼻に付く消毒液の匂い。

薄暗い廊下。

慌しく動き回っている看護士さん。

ヒカルが入院していたのは、繁華街から少しだけ離れた総合病院だった。

正面玄関から院内に入った私達はすぐにエレベーターに乗り5階へと向かった。

その階には手術室と集中治療室だけしかなかった。

「意識が戻ったら普通の病棟に戻れるらしいです」

私の顔を見たシュウさんが気を遣って教えてくれた。

「そうですか」

「はい、ヒカルはこっちです」

シュウさんが案内してくれたのは、私の予想通り集中治療室だった。

「アユちゃん。私達はここで待っているから」
86
最初 前へ 83848586878889 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ