コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第15章 負った傷
そんな想いが私の中にはあった。

別に根拠がある訳じゃない。

それでも、私にはなぜか確信があった。

「アユちゃん!! 早く!!」

桃香ちゃんに促された私は

「うん!!」

車に乗り込んだ。

◆◆◆◆◆

助手席にはシュウさん。

運転席にはシュウさんほどじゃないけど、それでも充分にガラの悪い男の子。

後部座席には私と桃香ちゃんと葉月ちゃん。

車内には妙な緊迫感が漂っていた。

車が走り出してすぐに桃香ちゃんが私の手をギュッと握ってくれた。

「あの、ヒカルの容体は……」

静まり返っていた車内に、私の声は妙に響いた。

「今は意識が戻っていません」

シュウさんは、とても言いにくそうだった。

「……そうですか……」

それから、シュウさんは私に説明をしてくれた。

昨日の夜、ヒカルはチームの男の子達数人と一緒に繁華街を歩いていたらしい。

それは別に何か用事があった訳じゃなくて暇つぶしみたいなものだったらしい。

その時、前から敵対していたチームの人達と鉢合わせをしてしまい

その場は一触即発って感じの雰囲気だったらしい。

「相手のチームの奴らはケンカをしたかった訳じゃない。目的は1つだったんです。」

「目的?」

「そのチームが狙っていたのは最初からヒカルだったんです」

「それは、ヒカルだけを傷付けるのが目的だったって事ですか?」

「いいえ。その逆です」

「逆?」

「あいつらはヒカルを欲しがっているんです」

「ヒカルを……欲しがる?」
83
最初 前へ 80818283848586 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ