コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第14章 必死
毎日のように溜まり場を訪れる私をあなたは鬱陶しいと思ったでしょう。

それでも、私は諦めませんでした。

ううん、諦める事なんて私にはできませんでした。

夏休み10日目

“ヒカルくん、今日は溜まり場に来てるよ!!”

桃香ちゃんからメールをもらった私は、塾が終わった瞬間、ダッシュでゲームセンターへと向かった。

急ぎすぎて変装することをすっかり忘れていた私は、ゲームセンターに駆け込んだ瞬間に自販機でジュースを買っていたヒカルに見つかってしまった。

「テメェ、性懲りもなくまた来たのか?」

不機嫌さ丸出しのヒカルを見た瞬間、またしても私のキャラは変わってしまった。

「別に、どこに来ようが私の勝手でしょ!!」

「いいから帰れ!!」

「はぁ!? なんでヒカルに命令されないといけないのよ!?」

「うるせぇ!!」

「うるさいのはどっちよ!? ネチネチと人に説教ばかりするのはヒカルじゃない!!」

「あぁ?」

「大体、私は友達と約束があってここに来たの!! だから、ヒカルには関係ないでしょ!!」

「はぁ?友達だ?」

ヒカルの険しい表情を見て、私は『しまった!!』と思った。

つい、売り言葉に買い言葉っていうか

勢いでそう言っちゃったけど

私がそう言えば

「友達ってどいつだ?」

ってヒカルが聞くのは当たり前で……

お願い!! 桃香ちゃんと葉月ちゃんがこの近くにいませんように!!

そんな願いも虚しく

「あっ!! あれ、アユちゃんじゃない?」

絶妙なタイミングで葉月ちゃんの声が聞こえてきた。

ヒカルの視線が声のした方に向けられ

ヒカルに鋭い眼で睨まれた2人が直立不動になってしまったことは言うまでもない。
76
最初 前へ 73747576777879 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ