コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第13章 喧嘩
そう実感していた私にとってその言葉はとても心強く感じたんだ。

桃香ちゃんと葉月ちゃんは黙って私の話に耳を傾けていた。

私は、心に溜まったものを吐き出すように話していた。

こんな話を誰かにするのは初めてだった。

まだ知り合ったばかりの桃香ちゃんと葉月ちゃん。

私は、2人のことを何も知らない。

普段の私なら知らない人には絶対にこんな話はしないと思う。

でも、この時の私にはそんな事を考える余裕なんてなかった。

誰かに聞いて欲しかったのかもしれない。

誰かに背中を押して欲しかったのかもしれない。

誰かに応援して欲しかったのかもしれない。

「そっか~。アユちゃんも辛かったんだね」

桃香ちゃんのその言葉に私は全身から力が抜けた。

「これからはウチらも協力するから!!」

葉月ちゃんのその言葉に張り詰めていた糸が緩んだ。

「せっかくここまで頑張ったんだから、これからも一緒に頑張ろうよ!!」

2人のその言葉に私は、目頭が熱くなった。

「なに、泣いてんの!?」

そう言った桃香ちゃんの声が微かに震えていた。

「えっと、ハンカチ、ハンカチ」

バッグの中をガサガサと探っていた葉月ちゃんは

「あっ!! ハンカチなんて気の利いたもの私が持ってるわけ無いじゃん!!」

そう言って自分の掌で私の涙を拭ってくれた。

「ちょっ!! 葉月!!」

「へっ?」

「あんた、さっきトイレに行ったけどちゃんと手は洗ったんでしょうね!?」

「はっ!? 当たり前でしょ!!……多分……」

……。

最後の『多分』だけは聞こえなかったことにしよう。

私は、心にそう誓った。

72
最初 前へ 69707172737475 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ