コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第3章 ランドセル
私が黒のランドセルを買ってもらえばいいんだ!!

……そう思っていたのに……。

パパとママは私を驚かそうと、私がずっと欲しがっていたピンクのランドセルを買ってきてしまったのだった。

テーブルの上に置いてあるピンクのランドセルはとても可愛い。

ずっと私が欲しいと思っていただけあってそのランドセルはとてつもなく可愛い。

見れば見るほど、これでもいいかなって思ってしまう。

……だけど……。

このランドセルを選んでしまうとヒカルとはお揃いじゃなくなってしまう。

私にとってそれは究極の選択だった。

散々迷っていると、インターホンが鳴り、玄関に出て行ったママと一緒にリビングに入って来たのはヒカルだった。

「アユちゃん、遊ぼう」

にっこりと笑顔のヒカルの視線がテーブルの上で止まった。

そして、ヒカルは言った。

「可愛いランドセルだね」

「えっ?可愛い?」

「うん、アユちゃんによく似合うと思うよ」

「そうかな?」

「ちょっと背負ってみなよ」

「う……うん」

私はヒカルに言われるがままテーブルの上にあったピンクのランドセルを背負ってみた。

ランドセルを背負った私をヒカルはまっすぐに見つめていた。

「ど……どう?」

ヒカルのまっすぐな視線がなんだか恥ずかしくてドキドキしてしまった。

「アユちゃんはピンクが良く似合ってるよ。」

……。

……。

ヒカルがそう言ってくれるなら……。

ピンクのランドセルでもいいかな。

あんなに駄々をこねていた私が、ヒカルのその一言で

「ヒカル、ありがとう!!」

コロリと意見を変えてしまった。


……ねぇ、ヒカル……。

知ってた?

ヒカルが『アユちゃんはピンクが良く似合ってるよ』って言ってくれたあの日から私は“ピンク”が一番好きな色になりました。

それは、今でも変わりません。

あなたがいちばん好きな色は何色ですか?
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ