コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第13章 喧嘩
「……!?」

「んで、次の日には平気な顔で現れたのには、マジで驚いたっていうか」

「てか、毎日あんだけ追い帰されてんのに全然めげてないってところがすごいっていうか」

「……!!」

「とにかく、あんたのそのしつこさにウチらは感動したんだよ!!」

桃香ちゃんと葉月ちゃんはかなりの勢いで力説をしてくれたけど

それが褒められているのかは微妙だった。

それでも、わざわざ友達になろうと言われて嫌な気はしなかった。

むしろ、嬉しかった。

だから、私は少し照れながらも「よろしくお願いします」とぎこちなく頭を下げた。

すると、桃香ちゃんと葉月ちゃんも焦ったように頭を下げた。

ゲームセンターで頭を下げ合う私達は他の人達からみればかなり怪しかったに違いない。

ようやく頭を上げた私達は、お互いに顔を見合わせて吹き出してしまった。

それから、私達はケイタイの番号とアドレスを交換して別れた。

夏休み9日目。

塾が終わると同時に桃香ちゃんからメールが着た。

“今日もゲーセンに来る?”

“うん!! あと10分くらいで着くよ!!”

そう返信してから、私は小走り気味にあのゲームセンターへ向かった。

ゲームセンターに入ると入り口の所にあるベンチに桃香ちゃんと葉月ちゃんが座っていた。

息を切らせている私を見て2人は驚いた表情を浮べていた。

「どうしたの?なんかあった?」

「ううん、ちょっと走ってきたから」

「えっ?なんで?」

「なんとなく」

すると2人は大爆笑をした。

「そんなに急がなくてもいいのに!! とりあえず、座りなよ」
68
最初 前へ 65666768697071 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ