コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第12章 繁華街
「人に説教できる立場じゃないでしょ!!」

「……テメェ……」

「私はテメェって名前じゃないわよ!! 言いたい事があるならちゃんと名前で呼んでよね!!」

「いいから、早く帰れ!!」

「もう!! 命令しないでよね!! 自分が帰ればいいじゃない!!」

帰ることを拒んだ私は、結局、ヒカルにゲームセンターから追い出されてしまった。

少しだけ時間を置いて、もう1度ゲームセンターに入ろうとしたけど、なぜか自動扉が開かなくて私は諦めざるを得なかった。

仕方なく、私は帰ることにした。

駅までは興奮気味にイライラしていた私も、地元の駅に着く頃には冷静さを取り戻していた。

今日は、ヒカルに会えただけでもよしとしよう!!

大ゲンカはしちゃったけど、その日の私の足取りはいつもより軽かった。

夏休み5日目。

昨日のゲームセンターに行ってみた。

そこに、ヒカルはいたけど、またヒカルに追い出された。

夏休み6日目。

ヒカルに追い出されるわけには行かない!!

そう思ったけど、見つかった瞬間、ヒカルに追い出されてしまった。

夏休み7日目。

今日は、私だってバレないように変装をしてみた。

……変装って言ってもキャップを深めに被っただけなんだけど……。

ヒカルは、いつもビリヤード台の近くにいるから、今日はそこにはできるだけ近付かず離れた場所からこっそり覗いてみた。

その作戦は成功だったみたいだけど、私がトイレに行っている間にヒカルはいなくなってしまっていた。


……ねぇ、ヒカル……。

あの頃の私は、鬱陶しかったですよね?

今、思えば私も必死だったんだと思います。

あなたの距離を縮めようと……。


64
最初 前へ 61626364656667 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ