コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第12章 繁華街


「……ふう……」

ようやく潤いを取り戻した私は、至福の溜息を漏らした。

一息吐く事ができた私は辺りを見渡した。

全体的に少し薄暗い感じの店内。

立ち並ぶゲーム機。

ここから見る限り、人はあまりいないように見える。

そこで、私はベンチから腰を上げ店の奥の方に行ってみる事にした。

ゆっくりと、奥の方へ足を進める。

大きな音を発しているゲーム機の間を通って、奥へと進むとそこにはビリヤードの台とダーツがあった。

そこにも、3人ほどの人しかいなかった。

ダーツをしている男の子が2人とそれをビリヤードの台に座りタバコを銜えて眺めている男の子・・・。

あれって……。

……もしかして!!

「ヒカル!!」

ビリヤードの台に座っていた男の子が、私の声にピクリと反応したのが分かった。

ゆっくりと振り返ったのは――……

やっぱり、ヒカルだった。

◆◆◆◆◆

私を見た瞬間、ヒカルはとても驚いていた。

だけど、それはほんの一瞬の事で

すぐにヒカルは険しい表情を浮べた。

眉間に寄った皺。

鋭い眼付き。

それだけでも十分にヒカルの機嫌が悪い事は分かった。

私から視線を逸らしたヒカルがビリヤード台から降り、銜えていたタバコを床に投げ捨てた。

その吸殻を踏み付けたヒカルが私の方に近付いてくる。

明らかにヒカルが怒っている事を察した私の身体は無意識のうちに後退していた。

全身から不機嫌なオーラを放出しているヒカルが私の腕を掴んだ。

62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ