コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第12章 繁華街
◆◆◆◆◆

夏休み1日目。

塾が終わり、駅の前を素通りして繁華街のメインストリートを歩く私の足は緊張の所為で微かに震えていた。

メインストリートを2往復したけど、ヒカルを見つけることはできなかった。

夏休み2日目。

行き交う人に視線を向けることもできず、ただ前だけを向いて、足早にメインストリートをやっぱり足早に3往復。

でも、ヒカルを見つけることはできなかった。

夏休み3日目。

……ヒカルはどこにいるんだろう……

メインストリートを歩く私の足取りは、心と同じくらい重かった。

ヒカルと似たような外見の男の子を見つける度に足を止めたけど

人違いだと気付く度に、大きな溜息が零れ落ちた。

夏休み4日目。

その日は、週末という事もあり、駅周辺にも繁華街のメインストリートにも人が溢れていた。

その人の波を見た瞬間

……今日は帰ろうかな……。

弱気な自分が顔を覗かせた。

きっと、私は疲れていたんだと思う。

夜の繁華街を1人で歩くという緊張感にも

ヒカルを見つけられないという絶望的な焦りにも

……こんなに人がいるのにヒカルを見つける事なんてできるのかな……。

今日は無理かもしれない。

私はメインストリートじゃなくて駅に向かおうとした。

その時ふと浮かんだもう一人の私の声。

……いいの?

本当にそれでいいの?

そんな心の声に私は足を止めた。
61
最初 前へ 58596061626364 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ