コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第3章 ランドセル
ヒカルに一目惚れしたあの日から、私はヒカルといつも一緒にいました。

私達が離れるのは夜の間だけ。

だけど、寝る時も私はヒカルの事を思っていました。

朝が来てヒカルに会える事を楽しみに眠りに就いていました。



幼稚園を卒園した私とヒカルは同じ小学校に入学した。

あの頃の私は幼いながらになんでもヒカルと一緒がいいと思っていた。

そんな私はランドセルを買ってもらった時にもワガママを言ってパパとママを困らせた。

◆◆◆◆◆

「絶対にイヤ!!」

「アユ、どうして?ずっとピンクのランドセルが欲しいって言っていたじゃない」

「やっぱりピンクはやめるの!!」

小学校入学を来週に控えたある日。

テーブルの上に置いてあるランドセルを見て、私はふてくされていた。

そんな私にパパとママは困り顔だった。

「アユ、じゃあ何色がいいの?」

「……黒……」

「えっ?黒?」

「……うん……」

「黒は男の子の色でしょ?アユは女の子なんだから可愛い色がいいんじゃない?」

「それでも黒がいいの!!」

パパとママは困り果てたように顔を見合わせた。

私がこんなに黒にこだわるのにはちゃんと理由があった。

ママが言う通り、私はずっとピンクのランドセルが欲しいと思っていた。

だけど、数日前私の考えは突然変わった。

「ねぇ、ヒカル」

「なぁに?アユちゃん」

「ヒカルのランドセルは何色?」

「僕のランドセルは黒だよ」

「えっ!?黒?」

「うん、そうだよ」

それを聞いた私は焦った。

……大変だ……。

私が欲しいのはピンクのランドセルでヒカルのランドセルは黒。

このままじゃお揃いじゃなくなっちゃう!!

……どうしよう……。

……。

……。

あっ!!そうだ!!
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ