コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第10章 変貌
その眼を見た私は背中に冷たいものが流れた。

緊迫感が嫌ってくらいにヒカルから伝わってくる。

ヒカルの眉間に刻まれた深い皺。

幾つかの足音が私たちのすぐ傍まで迫ってきた時、ヒカルの口から小さな舌打ちの音が聞こえた。

その瞬間――……

えっ!?

私はヒカルに手首を掴まれていた。

な……なに!?

久々に触れたヒカルの手はひんやりと冷たかった。

ヒカルは私の身体を引き寄せると、すっぽりと包みこんだ。

はっ!?

なに、これ!?

「ちょっ!! ヒ……ヒカル!?」

「黙ってろ」

ジタバタとする私に、ヒカルは低い声を出した。

その声を聞いた私は、手足を動かす事を止めた。

感じるのは、微かに香る香水のような匂いと背中に廻された手の感触。

ヒカルの行動は全く理解できなかった。

だけど、ヒカルに触れられた事がちょっとだけ嬉しかった。

『あれ~?香坂じゃん』

近付いてきた足音が私達のすぐ傍で止まった。

ヒカルの知り合い?

私は、ヒカルから離れようとした。

だけど、それはヒカルの力強い腕に止められてしまった。

『学校でイチャついてんじゃねぇーよ』

聞こえてくる声は、バカって言った奴はカバと結婚がどうのこうのって大騒ぎしていた声と同じだった。

その人の声の他に何人かの笑い声が聞こえてくる。

それでも、ヒカルは黙ったまま口を開こうとはしなかった。

『……香坂』

さっきの声に比べると落ち着いた声が聞こえてきた。

「……」

51
最初 前へ 48495051525354 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ