コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第10章 変貌
別に、ヒカルに感謝されたかったわけじゃない。

別にヒカルに恩を売る為に私は頑張った訳じゃない。

それでも、ヒカルの態度は私の心を傷付けた。

「……俺の傍にいるとロクな事ねぇーぞ?」

「えっ?」

自嘲気味に笑うヒカルの言葉が私には理解できなかった。

だから、私は尋ねようとした。

『どういう意味?』って……。

だけど、私は気付いてしまった。

ヒカルの視線が私じゃなくて、私の背後に向けられていることに……。

……?

……なに?

……どうしたの?

そんな疑問を感じていると、階段の上の方のから声が聞こえてきた。

『……ったく、西田ちゃんの説教って長すぎねぇーか?』

『お前が西田の目の前で人を殴ったりするからじゃねーか』

『おい、蓮。売られたケンカは絶対に買えって言ったのはお前じゃねぇーか!!』

『……ケン、お前はバカか?』

『あ?』

『場所を弁えろ。教室で、しかも西田の授業中にケンカをおっぱじめるテメーが悪いんだろ』

『んな事言ったって、ケンカには場所も時間も関係ねぇーだろ?・・てか、お前、今俺にバカって言わなかったか?』

『……』

『人にバカって言ったらカバと結婚しねぇーといけないらしぜ。……って事は、蓮の嫁さんはカバで決定だな』

『……』

『結婚式にはぜひ呼んでくれよ。祝いにはスイカを大量に持って行くからよ』

……なに?

この小学生みたいな会話は……。

その会話に私は思わず吹き出しそうになったけど、ヒカルは全く笑ってはいなかった。

むしろ、さっきよりも表情が険しくなっているような気がする。

鋭い眼で上の階段を睨むヒカル。

その眼は、私が初めて見る眼だった。
50
最初 前へ 47484950515253 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ