コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第7章 決意
「……?」

「自分が進むべき本当の未来を……」

「アユちゃん」


私は、ヒカルのお母さんにそう言いながら本当は自分に言い聞かせていたのかもしれない。

ヒカルの言葉を心に焼き付けるように……。

「おばさん、聖鈴の2次試験の受付っていつまでですか?」

「えっ?」

「まだ受付ってしてありますよね?」

「多分、締め切りはまだだと思うけど……まさか……」

「受かるかは分からないけど、私、聖鈴を受験してみます」

「アユちゃん……でもご両親ともよく話し合わないと……」

「分かっています。パパとママにもちゃんと相談します」

「アユちゃんでも……」

「私に今できる事はこのくらいなんです」

「えっ?」

「私に今できる事は、ヒカルの傍にいてあげることくらいなんです」

「……」

「ヒカルが寂しいと思った時に傍にいてあげたいんです」

「……」

「もう後悔はしたくない」

「……」

「私は今できる事を一生懸命頑張ります」

「……」

「まだ、受かるかも分からないけど……」

「……アユちゃん……」

「だから、おばさんもヒカルの事を信じてあげてください。」

「……」

「お願いします。」

私は、ヒカルのお母さんに向かって深々と頭を下げていた。

私は、知っている。

ヒカルがお母さんを大好きだって。

そのお母さんに見放されたらヒカルは絶対に立ち直れないと思った。

「……アユちゃん……ありがとう……」

ヒカルのお母さんの声が震えていた。


……ねぇ、ヒカル……。

あの時私はヒカルがお母さんから見放されるかもしれないと思ったけど……。

それは、私の勘違いでした。

……だってヒカルのお母さんは、ヒカルの事が大切で大好きなんだから……。

だから、お母さんはあなたがいつ帰ってくるかも分からないのに、あの時クッキーを焼いていたんだよね。

いつあなたが帰ってきても、クッキーを出せるように……。

あの日、私はあなたのお母さんの“夢”を知りました。

34
最初 前へ 31323334353637 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ