コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第7章 決意
「……おばさん?」

「ヒカルのことを大切にしてくれてありがとう」

「……」

「ヒカルのことを想ってくれてありがとう。」

「……」

「もう充分よ」

「えっ?」

「今のヒカルはあなたが知っているヒカルじゃないの」

「私が知っているヒカル?」

ヒカルのお母さんは優しく笑っていた。

だけど、その瞳からは一筋の涙が零れていた。

「ヒカルは変わってしまったの。」

「……」

「私ね、思っていたのよ?もし、ヒカルとアユちゃんが将来結婚してくれたら嬉しいなって」

「……」

「もし、アユちゃんと結婚してくれたら、アユちゃんは私の娘になるでしょ?そうなったらどんなに幸せだろうって・・・。それで、いつかあなた達に子供ができたらって。2人で遊ぶ姿を眺めながらそんな想像をしていたの」

「……」

「でも、今のヒカルじゃ無理。絶対にアユちゃんを幸せになんてできない」

「……」

「アユちゃんには、限りない未来があるの。幸せになる権利もある。今から、素敵な男性と
巡り合って、素敵な恋愛をして、素敵な人生を歩んで行けるのよ。アユちゃんはヒカルに縛られる必要はないの」

「……」

「ねぇ、アユちゃん、ヒカルのことはもう忘れていいのよ。アユちゃんが大人になった時、そう言えば近所にヒカルって男の子がいたなぁって思い出してくれたらおばさんも嬉しいわ」

「……」

「あなたは前に進まないといけないのよ」

「……」

「ヒカルと一緒に立ち止まっている必要はないの」

ヒカルのお母さんの瞳からはポロポロと止め処なく涙が溢れ、頬を伝い零れ落ちていた。

31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ