コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第7章 決意
「本当は、あの子の父親は聖鈴の受験に有利な私立の小学校へ入学させたかったんだけど、ヒカルが嫌がったのよ」

「ヒカルが?」

「うん、『幼稚園で一緒だったお友達と一緒の小学校に行きたい!!』って。あの子が自分の意思を主張するのは初めてのことだったから、私も主人も驚いたわ。驚いたし、困りもした。でも、ヒカルが初めて自分の意思を主張したんだから、小学校だけは公立に行かせることにしたの。その代わり、中学校からは聖鈴に行くっていう条件でね」

「・・でも、聖鈴って受験がありますよね?」

「ヒカルはもう試験を受けたのよ。1次試験が昨年末にあったの」

「結果は……出たんですか?」

「えぇ、なんとか合格できたのよ」

「……そうですか……」

私は、目の前が真っ暗になった。

それは、中学生になったらヒカルはまた学校に来るような気がしていたからで・・・。

別に、根拠があったわけじゃない。

でも、なぜか私はそう思っていた。

「アユちゃん」

「……」

「アユちゃん?」

「あっ……はい?」

「大丈夫?顔色が悪いみたいだけど」

「……はい、大丈夫です」

私は、無理矢理笑顔を作ってみせた。

そんな私の顔を見ていた、ヒカルのお母さんが私の右手をギュッと握った。

細い指が私の手に絡みつく。

儚そうに見えるその手はとても温かくて、とても力強かった。

「おばさん?」

「アユちゃん、ありがとう」

「えっ?」

「ヒカルと仲良くしてくれてありがとう」
30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ