コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第6章 会えない日々
夜もヒカルの部屋の電気は点かなくなっていた。

46時中閉められているカーテンの所為で、ヒカルがそこにいるのかもいないのかも分からなかった。

私は、ヒカルの事が心配で眠れない日々が続いた。

ヒカルは今、なにをしているんだろう?

ごはんはちゃんと食べているのかな?

寂しいって言ってないかな?

この頃の私は精神的に不安定になっていた。

1人でいるとずっと泣いていた。

ごはんも喉を通らない。

そんな私を、パパとママはとても心配していた。

「……ごちそうさま……」

「アユ、もう食べないの?」

「うん、もうお腹いっぱい」

「……そう」

ママは殆ど手を付けていない食事をみて、小さな溜息を吐いた。

「ごめんね、ママ。ちょっと体調が悪いからもう寝るね」

「ねぇ、アユ。」

「うん?」

「明日、ママと一緒に病院に行ってみない?」

「病院?」

「うん、最近、夜も眠れてないんでしょ?」

ママはとても優しい口調だった。

「……」

「学校で何かあったの?」

「……」

「アユが話したくないなら、ママは無理には聞かない」

「……」

「でも、もし話したくなったらいつでも話してね?」

……「うん……」

私は小さく頷いた。

「ホットミルクを作るから、それを飲んでから休みなさい。」

「うん」
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ