コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第5章 笑顔
この時、私はなんとなく嫌な予感を感じていた。

◆◆◆◆◆

卒業まで残り半年になった頃、ヒカルはクラスでも完全に孤立してしまっていた。

最初は心配そうにヒカルを見ていたクラスメート達も、この頃になるとヒカルの存在自体を気にしなくなってしまっていた。

そして、ヒカルも……。

授業をサボる事が多くなってきた。

遅刻や無断早退も当たり前になっていた。

私達はずっと一緒に登下校していたけど、それすらもしなくなっていた。

6年生のメインイベントである修学旅行にもヒカルは参加しなかった。

突然、変わってしまったヒカル。

その理由を私が知ったのは肌寒い日が続くようになった冬の初めだった。

その日、私は深夜になっても眠れずにいた。

ヒカルの事が気になってとてもじゃないけど眠れる状態ではなかった。

日付が変わる頃、喉が渇いた私はキッチンのある一階に下りた。

リビングには電気が点いていて、中からは両親の声が聞こえていた。

……パパ帰ってきたんだ。

“おかえりなさい”くらい言ってみようかな……。

そう思ってドアノブに手をかけた私は

『ヒカルくんが可哀想よね』

ママの声に動きを止めた。

……なに?

ヒカルの話?

私は、ドアノブから手を放し、その場で息を潜めて耳を澄ました。

『ご夫婦の仲が上手くいってないのか?』

『えぇ、そうみたい。ご主人には愛人がいるらしくて、奥さんもそれに気付いていて顔を合わせる度に大ゲンカになるらしいわ』

『そうか』

『ご両親のケンカを見ることほど子供にとって辛い事はないから……』

『そうだな。ヒカルくんがいちばんの被害者だな』
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ