コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第21章 迷いと決断

あの時、あなたはたくさん悩み迷っていました。

その姿を私はやっぱり見守ることしかできませんでした。



蓮さん達に呼び出されたあの日からヒカルはずっと悩んでいた。

学校にいる時も

自分の部屋にいる時も

ヒカルは窓からボンヤリと空を眺めていた。

その姿は、“あの頃”のヒカルを私に思い出させた。

そんなヒカルに私は微かな不安を感じたりもした。

・・また、1人で殻に閉じこもってしまうかもしれない。

・・私から離れていってしまうかもしれない。

そんな不安は日々大きくなっていく。

不安を抱えた私ができる事といえば、時間が許す限りヒカルの傍にいることだった。

……とは言え、新学期が始まってしまった今、私がヒカルの傍にいれる時間は本当に限られていた。

学校、塾、家。

そこを往復する生活。

学校にいる時間帯はまだいいとしても、塾に行っている時や、家にいる時は不安で仕方がなかった。

ヒカルは今何をしているんだろう?

1人で辛い時間を過ごしているのかもしれない。

大丈夫かな。

私の不安の理由はもう1つあった。

ヒカルが尊敬しあんなに慕っていたシュウさん。

そのシュウさんはもうこの繁華街にはいない。

自分の居場所を失ったヒカルもシュウさんみたいにこの繁華街からいなくなってしまうかもしれない。

そう考える度に私は怖くて仕方がなかった。

そんな私は毎朝ヒカルを迎えに行き

部屋にヒカルの姿がある度にホッと胸を撫で下ろしていた。
149
最初 前へ 146147148149150151152 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ