コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第20章 迷いと決断
ヒカルの部屋。

私とヒカルはテーブルを挟んで向き合って座っていた。

話を終えたヒカルと一緒に私もあのクラブを後にした。

クラブからこの部屋に戻ってくるまでの間、ヒカルは何も話そうとはしなかった。

……そして、私も……。

そんなヒカルに声をかけることができなかった。

ずっと続いていた沈黙を破ったのはヒカルだった。

「アユ」

「うん?」

「チームが潰された」

「えっ?」

私はヒカルの言葉の意味が理解できなかった。

そんな私にヒカルは悲しそうな表情で教えてくれた。

「俺が入院してからも、チームの奴らは次々と襲われていたらしい」

「……」

「その所為でかなりの人数が病院送りになっていて、中には無条件でチームを抜け寝返った奴やこの繁華街から姿を消した奴もいるらしい」

「うん」

ヒカルの言葉に私が驚くことはなかった。

ヒカルのチームの男の子達が蓮さんのチームに引き抜かれているって話はシュウさんから聞いていたし

私とヒカルが穏やかな時間を過ごしている時も、繁華街で抗争が起きていたこともなんとなく分かっておいた。

だから、私がヒカルの言葉に驚くことはなかったけど・・気掛かりはあった。

「……ねぇ、ヒカル」

「ん?」

「シュウさんはどうなっちゃったの?」
144
最初 前へ 141142143144145146147 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ