コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第19章 対面
心底、申し訳ないって感じで両手を合わせるケンさん。

そんなケンさんに、私は苦笑しながら「全然、気にしないでください」と告げた。

ケンさんは咳払いをひとつしてから再び尋ねた。

「好きなんだろ?」

「……」

その質問に私はかなり迷った。

ここは正直に答えるべきなんだろうか?

……。

……。

いや、別にこの人にそんな話をする必要はないのかもしれない。

私とこの人はそんなに親しい訳じゃないし

てか、今日が初対面みたいなものだし

そしてなによりもこの人はヒカルの“敵”なんだし

そんな人にペラペラと自分の気持ちを話す必要なんてない。

だから、この話題はスルーしようと決めたんだけど

……。

……。

……この人……

すっごい見てるんですけど。

にこにこと親しみやすい笑みを浮かべてはいるんだけど

その瞳は、私の心の中までもを見透かしてしまうようなまっすぐな視線だった。

その視線を向けられた私はなぜか自然と口が動いた。

「はい」

「やっぱりな」

ケンさんの満足気な笑みに私は

しまった!!

とばかりに慌てて口を塞いだけど

既に手遅れだった。

どうして、言ってしまったんだろう……と後悔してみても

今の言葉を誤魔化す方法はないかな……と焦ってみても

そんな方法がある訳もなく

私はガックリと肩を落とした。

「心配しなくても大丈夫だ」

優しい声色に顔をあげると

そこには、やっぱり人懐っこい感じの笑みを浮かべたケンさんがタバコを取り出そうとしていた。

「吸ってもいい?」

「えっ? あっ、どうぞ」

「サンキュー」

ケンさんはタバコをくわえると慣れた手つきで火を点けた。

それから、顔を横に向けるとゆっくりと煙を吐き出した。

紫掛かった煙がフワフワと登っていく。
136
最初 前へ 133134135136137138139 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ