コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第19章 対面
「私はここで待ってるから、話しておいでよ」

「……でも……」

「大丈夫!! ちゃんと話が終わるまで待ってるから!!」

「アユ」

ヒカルが別室に行く事に対して不安がない訳じゃない。

だけど、ヒカルにとってこの話し合いが重要だって事は私にだって理解できる。

だから、私は不安な気持ちを笑顔で隠した。

そんな、私達のやり取りを見ていた蓮さんが

「香坂、心配するな。お前がいない間はそこにいる銀髪が責任を持ってその子の傍にいるから」

えっ!?

まさか、銀髪って……

ここで蹲って落ち込んでいるこの人!?

……いや、結構です!!

この人と一緒に待っているくらいなら、1人で待っている方がマシですから!!

声には出せないから心の中で絶叫した私。

そんな私の心の声が聞こえたのか、私が顔に出してしまっていたのかは分からないけど

「心配しなくてもいい。そいつは一応このチームのNo.2だ。いないよりはいた方が安全だと思う。
ちょっとウザイかもしれねぇーけど、そこは我慢してくれるか?」

「……はぁ……」

本当は丁重にお断りしたかったけど、断れるような雰囲気じゃなかったから、私は渋々頷いた。

私が頷いたのを確認した蓮さんは

「おい、ケン。 飲み物でも出してやれ」

そういい残してVIP ROOMへと消えていった。

その後ろをヒカルと厳つい顔の人が着いていく。

私はその背中を見送った。

◆◆◆◆◆

その場に取り残された私は正直困っていた。

ケンさんは、さっきの出来事が相当ショックだったようで

ヒカル達が別室に行ってからも蹲ったままで……。

声を掛けるべきか、放っておくべきか散々悩んだ挙句

「……あの……」

放っておくことができなかった私は声を掛けてみる事にした。

「どっちが好き?」

「はい?」
133
最初 前へ 130131132133134135136 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ