コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第19章 対面
「なんで?」

“ケン”と呼ばれた銀髪の人は相変わらず不思議そうな表情を浮べている。

そんなケンさんに“蓮”と呼ばれた落ち着いた雰囲気を纏った人が盛大な溜息を吐いた。

「誰でも、頭を触られたらいい気はしねぇーだろーが」

蓮さんの言葉に、私は心の中で大きな拍手を送った。

一方、蓮さんから鋭い指摘を受けたケンさんは蓮さんの顔とヒカルの顔を交互に見比べて

「おい、香坂」

「……」

「俺に頭を触られんのは別にイヤじゃねぇーよな?」

ととてもじゃないけど賛同できない質問を繰り出した。

「……イヤに決まってんだろ」

ポツリと呟いたヒカルと、その言葉に

うんうん、やっぱりそうだよね!! とばかりにコクコクと頷く私。

そんな私達のリアクションに

「なっ!?」

ケンさんは絶句していた。

「香坂、悪ぃーな」

なぜかケンさんの代わりに蓮さんが謝って

「こっちで話できるか?」

と尋ねた。

蓮さんが顎で指したのは“VIP ROOM”のプレートがあるドアだった。

確かに、こんなに人がいる場所では話はできないな。

そんな事を考えていると、ヒカルが私に視線を向けた。

その瞳はとても心配そうな瞳で

その瞳を見て、私は悟った。

きっと、ヒカルは私には話の内容を聞かれたくはないんだと

「ねぇ、ヒカル」

「ん?」

132
最初 前へ 129130131132133134135 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ