コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第19章 対面
ここは、私がヒカルを救出してあげないといけない!!

そう思った私は

「……あの……」

銀髪の人に恐る恐るではあるけど、声を掛けてみた。

「うん?」

銀髪の人は人懐っこそうな大きな瞳で私に視線を向けた。

「……手……」

「手?」

「退けてもらえます?」

私の言葉に銀髪の人は不思議そうな表情を浮べた。

その表情は私の言葉が理解出来ないって感じで

そんなリアクションを取られるとは思っていなかった私は正直焦った。

だけど、私の言葉が理解できないのは、どうやら銀髪の人だけらしくその場の空気がピンと張り詰めたのが私にも分かった。

その空気は明らかに険悪なもので、周りにいる男の子達の眼が鋭くなった。

みんなが次の私の言葉を待っている。

その言葉次第では一食触発になり兼ねないような雰囲気。

その所為で私は次の言葉が発せなくなっていた。

私を宥めるように、ヒカルが口を開いたのと、流れる沈黙を破るように誰かが口を開いたのは同時だった。

「アユ」

『ケン』

私に向けられたヒカルの声は私にはちゃんと届いたものの、よく通るその声にかき消された。

私に集まっていた視線がその声に集まる。

そして、私もまるで引き寄せられるかのようにその声がした方に視線を向けた。

声を発したのは、どうやら落ち着いた雰囲気を纏っている人らしい。

「なんだよ?蓮」

「手、退けてやれ」

「は?」

「ヒカルの頭の上に載せているその手だよ」

131
最初 前へ 128129130131132133134 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ