コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第19章 対面

“Club BLACK”の看板があるクラブ。

緊張しながら見たこの看板。

今となっては見慣れたこの看板がその時は鮮明に脳裏に焼きつきとても印象的でした。



ヒカルに連れられて訪れたのは、繁華街にあるクラブだった。

メインストリートから細い路地を入ったところにあるクラブ。

時間が早い所為か看板の電気すらついていなくて、そのクラブが店として営業しているのかさえも分からなかった。

細い階段をヒカルの後ろについて降りて行く。

20段ほどの階段。

その階段を私は途方もなく長く感じた。

不安と恐怖。

その感情が私の足を重くしていた。

階段を降り、ドアに手を掛けたヒカルが突然振り返った。

「アユ」

「な……なに?」

「先に帰っていてもいいんだぞ?」

「えっ?」

「怖いんだろ?」

「怖い?」

「あぁ、震えてる」

ヒカルの視線が私の顔から足元に下がった。

「……あっ……」

ヒカルに指摘されて初めて気付いたけど

確かに私の足は小刻みに震えていた。

しかも、震えていたのは足だけじゃなくて、全身が小刻みに震えている。

「俺は1人でも平気なんだし、別にお前がそんなに無理をする必要なんてねぇーよ」
127
最初 前へ 124125126127128129130 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ