コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第18章 呼び出し
「……」

「もう、後悔だけはしたくない」

「……」

「私は、ヒカルの傍にずっといるって決めたの!!」

そう言い放った瞬間、ずっと我慢していたものが込み上げてきた。

泣いちゃダメ!!

そう思った私は、咄嗟に俯いた。

込み上げてくる涙を必死で飲み込んでいると

「アユ」

優しい声が聞こえて

頭の上に温もりを感じた。

心地いい重みに恐る恐る顔を上げてみると

「……ったく。お前のその頑固さはどうにかなんねぇーのか?」

ぶっきらぼうなその言葉とは正反対で優しい表情のヒカルが私の顔を覗きこんでいた。

その表情を見た瞬間、私は我慢の限界に達してしまった。

とめどなく次々と溢れては頬を伝い零れ落ちる涙。

その涙をヒカルは拭ってくれた。

それが無性に嬉しくて私は涙を流しながら笑みを零した。

「残念だけど、この頑固さは生まれた時から持っていたものだからどうにもなりません」

「生まれた時から?ガキの頃はそんなに頑固じゃなかったじゃねぇーか」

「そんなことないよ。私は生まれた時から頑固だったよ」

「そうか?全然、気付かなかった」

「当たり前だよ」

「ん?」

「だってずっとヒカルの前では猫を被ってたんだもん」

「なるほどな。……で、その猫はどこに行ったんだ?」

「疲れるから、小学校に置いてきた」

「だから、最近その頑固さが目に付くんだな」

「うん」

ヒカルは楽しそうに笑っていた。

私の髪をクシャクシャにしながら……。
125
最初 前へ 122123124125126127128 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ