コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第18章 呼び出し
「うん」

「どうしてかは分からないんだけど、神宮先輩達は屋上の鍵を持っていて、授業を受けている時以外は大抵屋上にいるんだ」

「……そうなんだ」

「うん。だから、多分今も屋上にいると思うよ」

「分かった!! ありがとう、亜子ちゃん!!」

「あっ!! アユちゃん、そっちじゃなくてこっちだよ!!」

「えっ!? ……あっ、間違った……」

「私も、一緒に行こうか?」


「大丈夫。すぐに戻るから、亜子ちゃんは教室で待ってて」

「1人で大丈夫?」

「うん!! 大丈夫」

心配そうな亜子ちゃんに笑顔で答えた私は、高等部の校舎の屋上を目指して駆け出した。

◆◆◆◆◆

高等部の生徒専用の昇降口から校舎内に入り、すぐ近くにある階段を登っていく。

中等部の校舎も高等部の校舎も大体の造りは同じって入学後のオリエンテーションで聞いたような気がする。

だから、この階段を最上階まで登れば屋上に着くはず。

すれ違う高等部の生徒が不審そうに私に視線を向けてくるけど・・私にはその視線を気にしている余裕なんてなかった。

次第に呼吸が乱れて苦しさが襲ってくる。

だけど、私が足を止めることはなかった。

今、何階だっけ?

そう思いながら階段の踊り場を曲がった時、私は前方から来た人とぶつかりそうになった。

危機一髪ってところでなんとかその人を避ける事ができた私は

「す……すみません!!」

その人に向かって頭を下げた。

そんな私の耳に届いたのは

「アユ?」

聞き慣れたヒカルの声だった。

「ヒカル!?」
121
最初 前へ 118119120121122123124 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ