コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第18章 呼び出し
穏やかで平和な時間はあっという間に崩れ去りました。

私がヒカルの傍で笑っている間に、その陰はジリジリと忍び寄ってきていたのです。

その陰に私は気づく由もありませんでした。


新学期を迎えた私とヒカル。

始業式の日私とヒカルはみんなの注目を浴びる事となった。

それは、私とヒカルが一緒に登校してきて、一緒に教室に入ったからで……。

夏休みの前まで何の接点もなかった私達が、突然一緒に教室に入って来たんだからみんなが「一体、何事!?」 と思うのも無理はない。

そんな中、唯一亜子ちゃんだけが私に向かってニッコリと微笑みピースサインを送ってくれた。

教室にいる時も、必然的に私とヒカルが一緒にいる時間は長くなった。

でも、2人きりって訳じゃなくて亜子ちゃんやヒカルの友達も一緒だった。

みんなが自然とヒカルの周りに集まる光景。

それは、まるで小学生の頃みたいな光景だった。

ヒカルがいつも私の傍にいて

友達に囲まれていて

バカな冗談で爆笑できる。

そんな日々がこれからずっと続くんだと思っていた。

そんな私の想いを打ち壊したのは“あの人達”だった。

新学期が始まって1週間が過ぎた頃、あの日以来なんの音沙汰もなかった“あの人達”が動き出した。

その日、私はお昼休みになってすぐにトイレに行った。

そして教室に戻った私はすぐに教室の異変に気付いた。

いつもは賑やかなお昼休み。

だけど、その日は不思議なほど静かだった。

……?

なんでこんなに静かなんだろう?
119
最初 前へ 116117118119120121122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ