コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第17章 穏やかな日々
「何って……今、勉強の話をしてんじゃねぇーのか?」

「うん、そうだけど」

「……」

「……」

「……」

「教えてくれるの?」

「あぁ」

「勉強を?」

「あぁ」

「ヒカルが?」

「あぁ」

「私に?」

「あぁ」

「本当に?」

「あぁ」

「……」

「……」

「……お願いします!!」

「おう、任せとけ」

こうして、私はヒカルに勉強を教えてもらう事が決まった。

その次の日から私はヒカルの部屋で過ごす事が多くなった。

朝からヒカルの部屋に行き、夕方まで勉強を教えてもらってそのまま塾に行く。

ヒカルに勉強を教えてもらうお礼に私は食事を作ってあげた。

最初は「礼なんていらねぇ」って言っていたけど、私の気が済まなかった。

それに、ヒカルは料理ができない。

できないっていうか面倒くさがってしようとはしない。

だから、私が作ってあげないとヒカルの食生活は最悪なものになってしまう。

そこで私は食事を作ってあげることにした。

毎食って訳じゃないけど……。

それでも、私は時間が許す限り料理をしてヒカルに食べさせた。

本当は塾が終わってからもヒカルの家に行きたかったけど・・・。

それだけは「絶対にダメだ」ってヒカルに言われた。

「昼間はいつでも来ていいけど、夜はダメだ」

「なんで?」

「おじさんとおばさんが心配するから」

ヒカルのその言葉に私は渋々頷いた。


……ねぇ、ヒカル……。

あの頃が一番私達にとって穏やかな時間だったよね?

そんな時間が私にとって心安らぐ時間でした。

あなたの傍にいられるだけで私は幸せでした。
118
最初 前へ 115116117118119120121 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ