コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第17章 穏やかな日々
「えっ!?」

「ボタンを押せ。両手が塞がってんだ」

ヒカルは、顎でエレベーターのボタンを指した。

「……あっ、はい!!」

言われるがまま、私はヒカルに掴まれている手とは反対の手でボタンを押した。

ボタンを押すとすぐにエレベーターのドアは開いた。

そこに無言で乗り込むヒカル。

どうやら、掴んでいる私の手は放してくれないらしい。

ヒンヤリと冷たいヒカルの手。

冷たいのにそこから伝わってくる体温は、私の全身に熱を持たせた。

バクバクととてつもなく激しい音を響かせる鼓動。

チラッと隣にいるヒカルを見上げると

「……んだよ?」

すぐに気付かれてしまった。

「べ……別になんでもない」

きっと今このエレベーターの中には微妙な緊張感が漂っている。

私は、もちろん・・・。

突拍子もない行動で、こんな空気を作り出した張本人であるヒカルでさえも緊張したような
照れくさそうな表情を浮べていたから。

繋いでいると言うより、掴まれている私の手。

ヒカルの手は、当たり前かもしれないけど私が知っているヒカルの手よりもひとまわり大きくなっていた。

◆◆◆◆◆

広めの1Kの部屋。

そこにはセミダブルのベッドとテーブルとソファ、そして大きな液晶テレビとコンポ。

フローリングの床には、車やバイクの雑誌やファッション誌が数冊置いてあった。

シンプルと言えばシンプルかもしれない。

だけど、1人で生活するには充分すぎる部屋だった。

ミニキッチンにトイレにバスルーム。

114
最初 前へ 111112113114115116117 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ