コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~
完結
お礼23
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
コトダマ~The Story of Ayu & Hikaru~ 第16章 言葉と想い
「それなら、私はずっと傍にいるから」

ヒカルが私の方に視線を向けたのが分かった。

だから、私は目の前に広がる夜景に視線を向けたままもう1度呟くように言った。

「私は、ヒカルの傍にずっといるから」

「アユ」

「ねぇ、ヒカル」

「……?」

「ヒカルは寂しくない?」

「寂しい?」

「うん、私が傍にいなくて寂しくない?」

「……」

「私は寂しいよ」

「……」

「ヒカルが傍にいないと寂しくて堪らない」

私の声は微かに震えていた。

それでも、私はまっすぐに前を向いていた。

今、視線を動かすと涙が溢れてしまいそうだったから……。

私の方を見ていたヒカルがフッと視線を前に向けたのが分かった。

「……俺と一緒にいたらロクなことがねぇーぞ」

搾り出すように吐き出された言葉。

その声はとても小さかったのに……

その言葉は私の耳に突き刺さったような気がした。

自嘲的とも言えるその言葉に私は思わず、ヒカルの方に視線を向けてしまった。

「ヒカル?」

「俺と一緒にいてもいい事なんてねぇーよ」

「……」

「むしろ、危険なだけだ」

「……」

101
最初 前へ 9899100101102103104 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ