三十路の恋路
三十路の恋路
成人向アフィリエイトOK
発行者:月野 向日葵
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/04
最終更新日:2014/02/06 18:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
三十路の恋路 第1章 始まりの花
土曜日。



私は 元気のない凪君が目に止まり、 何となく目で彼を追っていた。


凪君を見ていて気づいた事がある。


土日は忙しいけど、明るい 凪君が 明るいものの 寂しそうな 辛そうな顔をするから。


その原因は 私の見るかぎり、彼の見る先には いつも舞子さんがいて 彼女を見ていた。


それに気づいた時、 もしかして 凪君は舞子さんが好き? と感じた。


女のカン、 確かだと思う。


だって、彼が気になって目で追っていたから わかる。


でも、どうしていいかわからない。


ストレートに聞いていいものか、話をしながら何となく流れで聞いてみるとか?


気になる… これが友達なら すぐに聞いていただろう。


7歳も違う子に あからさまに聞けないけど、明るい凪君の顔が沈んでるのが なぜか辛かった。


いやいや、私が悶々としててもしかたないでしょ!


そう思い、凪君と 裏にある倉庫にある藁を片付けに誘って行った。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ