別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
-第2話ゲーマーズフロント


「ゲームセンターはよく?」
「戦場の絆だけですね。下手くそなんで、少尉と大尉の間を行ったり来たりで」
「あれは階級気にしたら、やってられないでしょう?ガンダムゴッコのつもりの人や格ゲーのつもりの人に、連携しない人が混じってくるとグダグダになる」
「まぁそれでも階級上げてく人は居ますからね。言い訳にしかなりません」
「うちは、筐体は全部無くなりました。戦場の絆も有りません。でもパワードスーツフロントアンドバックってゲームは、地球と月と、その間の宇宙空間まるまる戦場マップですからね。民間人から始まるのは同じですが、佐官や将官になれば拠点やバワードスーツ母艦にも乗れます。軍そのものも指揮できます。今の所は軍曹までしか居ませんから、CPUがやってますが、ゆくゆくは全階級プレイヤーがコントロールするようになると、凄いゲームになりますよ!」
「生産や兵站まで?」
「もちろん。情報操作から世論形成、議会工作まで。出てない時は副官CPUが代理でやります。結構優秀ですよ」
「最前線から最後方まで全部有るって事ですか?」
「まさにフロントアンドバックです。やりたくなってきたでしょ?」
「銀行預金がマイナスになりそうだし、家に帰れなくなりそうだ」
運転手は笑った。
「心配ない。筐体が無いから100円投入で2時間やれます。ただし戦死が有りますから、死ぬと民間人に戻されます。早く階級上げて、後方に入れば戦死は無くなります。けれど作戦失敗の責任有りの判定をされると罷免されて、民間人に落ちます。将官になれば、指示は携帯でも出来ます。会員登録と指示ひとつにつき10円が必要です」
「運転手さんはプレイされてるんですか?」
「軍曹まで、なんとかたどり着きました。今は士官学校に入っていて、前線には出てません。卒業できれば小隊指揮官になります。問題は士官候補生で前線に出た時に、小隊長が戦死するとヤバイですね。代わって指揮できないと、軍法会議に掛けられて、最悪銃殺です」
「金払ってるお客に有りなんですか?」
「有りですね。無いお客様は、民間人の段階でリタイヤします。それに指揮出来ない指揮官が、どれ程危険かを、軍曹になるまでに思い知らされますからね。CPU小隊長が戦死して、軍曹の私が指揮した事が有ります。的確な指示が出来なくて……もうグダグダになりました」
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ