別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
右から火花がギリギリと散り、
左の残骸が吹き飛んだ。
―赤白ストライプをロックオン
サーベルを収納して、タイミングを測る。
腕を抱える形で待機して接近する。
ワゴンRのヘコンだルーフを引き剥がした赤白ストライプを
両腕でリフトして、上昇する。
下を見ると、ハンドルを握って目を剥いて上を見ている歩美が見えた。
「オープンカーのワゴンRは日焼けするから、女性には売れないな」
突然。
敵機の動きが止まった。
「何をたくらんでる?」

ー能登島です。模様も色も無い機体以外、無人機です。宇宙人のファイヤーウォール突破に成功しました。一機を除いて機体停止させました!
「能登島さん。6機同時撃破はエースと呼ばせてもらいます」
そのノーカラーの鈍色(にびいろ)の機体が動いた。
ー誘導弾3接近!
抱えていた赤白ストライプを鈍色に向かって押し出した。
それを盾にサーベルを抜く。
誘導弾3発が赤白に着弾して、爆煙を形成する。
左機動して、置き振りしたサーベルに火花が散る。
爆煙を抜けると、鈍色とサーベルで押し合いになった。
~二等兵。まぁまぁだな。最終試験だ。死にたくなければ、徐装しろ~
41
最初 前へ 38394041424344 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ