別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
「乱戦!同士討ちになるからビームは撃てない。これだけ居りゃあ、腕振ってるだけで楽勝だ」
ーアクシデンタルオフサイド作戦部隊。合流まで30秒
「それまでに、あの黄線に一撃入れる」
サーベル腰溜めにして構えた。
「このまま衝突する」
ーコリュージョンコース入りました。衝突まで10秒
相手も気付いて緑色のサーベルを抜いた。
しかし、後方にバックスイングした。
「斬り合いしてる暇はない!」
敵機が大きくなり、細部まで見分けられる。
回避が遅れた敵機にサーベルごと衝突した。
「右機動!次!」
スリーブを引いてサーベルを抜き、右の縞模様の頭部を切断した。
ー撃破1。行動不能1。後8。
「上機動!直上から鳥の紋章をやる」
ー下方牽制ミサイル。味方識別信号を確認。通信回線を開きます。
『待たせてすまない。凄い機体だな』
「ありがとうございます!忙しいんで、後でゆっくりお願いします!」
「了解!幸運を!」
ー右7機との間に弾幕。鳥の紋章孤立
「プロは違う。右肩を斬る!」
鳥の紋章は慌てたのか、右腕にビームライフルを抜いた。
直上から投影範囲を最小にて、真上で制動、右肩をサーベルで払った。
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ