別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
つまづく振りをして背中側を見た。
白いコードを握っている。
よく見ると、胸の中島エレクトロニクスの英語の綴りが違う。
「歩美~俺達も岐大病院に行こう…」
「でも…あれっ…」
「いいから、いいから…」
歩美を押して、階段に向かった。


ワゴンRに乗ると、岐大病院に向かわせた。
「白いコード隠してたよ。怪しい…」
「胸のも中島エレクトロニックスだったしな」
「ヤバイんじゃない?」
「ヤバすぎる」
俺はしばらく考えた。
「俺達だけじゃ無理だ。チートコードを使おう」
「インチキ?」
「インチキと言うなかれ。臨機応変だ」
「インチキでしょ?」
「解釈は自由だな」
俺は、能登島秀彦のホームページを開いた。


ホームページの電話番号に掛けてみた。
―はい。能登島秀彦です
「土畑晃と言います。今ですね…」
事情を話した。
―ん~。待って下さい。パワードスーツをモニターします。……なるほど。ハッキングを試みた痕跡ありか…見た事の無いプログラム言語だ。あっヤバッ
「…能登島さん?どうかしました?」
ーパワードスーツを鹵獲される!とにかく跳ばす。
「なんですって?」
30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ