別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
送迎バスに行くと、乾運転手は窓を降ろして手を挙げた。
「ありがと。やるじゃないですか!」
「まぁ機体がインチキですから」
「差し引いても初陣なら、大戦果でしょ?」
乾運転手は歩美を見た。
「そちらの姫君は?」
「元カノの歩美さんです」
「あ~そう。よろしく」
「よろしく!イヌイさん格好良かったですよ!」
「うれしいね~格好良かったなんて、家の嫁に20年前に言われたのが最後ですよ」
乾運転手は照れくさそうに笑った。
「でも難しそう。子供が遊ぶには複雑ですね」
「いやいや。お子様が理屈抜きで手順覚えたら、キレが半端ないですよ。家の子も始めたんですが、1ヶ月で曹長です。来月には抜かれて上官になってますよ」
ボンッ
突然上で音がした。
「あっ~」
乾運転手の笑顔がゆがんだ。
俺も歩美も振り返って上を見た。
最上階の排気口から黒い煙が出ている。
乾運転手は無線機に取ついた。
「フロント!最上階が火事だ!どうなってる?」
「歩美行こう!」
俺達はビルに取って返した。
28
最初 前へ 25262728293031 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ