別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
―第4話フロントアンドバック


パワードスーツのサドルに腰掛けた俺を見て、歩美は言った。
「それゲームなの?」
「今のところはな」
「言ってる事がわかんない」
「詳しくは中島に聞いてくれ。とりあえず始める」
バシューと言う音と共に、着装した。


着艦シークエンスからジュアンリコのデッキに飛び込むと、モニターに現れたのは、小尉の階級章を付けた若い士官だった。
「よく戻った!01ハインライン小隊はツチハタ一等兵の着任を歓迎する!」
よく見ると送迎バスの運転手だ。
「小尉殿のお名前を御願いできますか?」
「正確には、イヌイ士官候補生である。今回は特務として小尉待遇で乗艦し、ツチハタ一等兵のサポート行う。よろしく頼む」
「ありがとうございます!イヌイ特務小尉殿。教導よろしくお願いします」
特務小尉は笑って頷いた。

「今、小隊は出撃中だ。誰も居ない。全員無事に帰還出来ると良いが……」
「何か心配でも?」
「あぁ。敵が2小隊で数的不利らしい。もし、未帰艦機が出ると俺と出撃が有り得る」
「いきなり?」
「入隊試験満点の新兵は、出撃規制を受けない。手を抜いとくべきだったな」
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ