別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
「朝飯食わせてくれよ」
「何食べる~松屋以外で」
「なんで松屋以外なんだよ」
「たまには違うもの食べなさいよ。牛丼 野菜セット 豚汁変更以外で」
「ご飯に肉と野菜、豆腐に里芋レンコン 味噌 ネギ 人参が取れるメニューが他に有るか?」
「朝昼晩はやめてね」
「じゃあ……朝からココ壱にするか」
「朝からカレーもやめて」
「んじゃぁ。任せる」
歩美は、赤い屋根の喫茶店に入った。


「喫茶ナカジマ ゴーゴーゴーかぁ。何年振りかなぁ。この恥ずかしい名前の喫茶店」
「最初のデートが、この恥ずかしい名前の喫茶店でしょ。思い出すのも恥ずかしい思い出にはピッタリね」
「じゃあゴーゴーモーニングセットを頼むしかないな」
二人の前に、トースト コーヒー 意味不明の茶碗蒸しが並んだ。

「でっ。金持ちの御曹司の事はキレイサッパリ振り切って、新たな気持ちで初代元カレのプロポーズにハイっと言う気に成った?」
「何年初代元カレやってんの?私がゲーム馬鹿の寝言に、ハイっ私で良ければ!って言うと思う?」
「言って楽になれよ」
「言って地獄に堕ちろでしょ?」
「地獄も住めば都だぜ」
周りのテーブルから、押し殺した笑いが漏れてきた。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ