別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
ブッー
ブッー
ブッー
ブッー
ブッー
目を開けると、ジョニーライデンの帰還の表紙の上で携帯が滑っている。
モニターを見る。
白石歩美
「はい……」
ーゲーム馬鹿ぁ~起きたぁ~
「あれだけ酔っ払って、二日酔いはどうした?」
ー二日酔い?そんなのどうでも良いわ。今日は付き合いなさいよ
「中島ん所でテストプレイが有るんだよ」
ーん~私は入れない?
「問題ないと思うけど…つまんないぞ」
ーあらぁ。久しぶりにゲーム馬鹿の夢中な馬鹿面を見てあげるわよ。うれしいでしょ?
「元カノの思いやりに涙が出そうだ」
ー降りてきなさいよ。家の前に居るから
「まじかよ」
起き上がってカーテンを開けると、歩美のワゴンRが階下に見えた。

運転席の歩美は、元気にも程が有った。
「疲れは?スッピンで何やってんだよ」
「惚れ直した?よりは戻さないわよ?」
「化粧しろよ」
「あらぁ~素顔の君が好きだって世迷事を聞いた事有るけど?」
「若い頃はそういう夢を見るんだよ」
「精神年齢は、あの頃のまま止まってるでしょ?」
カートボネガットの決まり文句を思い出した。
手きびしい事を……。
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ