別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
「あっそこの前で停めてください」
歩美のアパート前でタクシーは停まった。
「戻られるなら待ちますよ?」
「お願いします。ウッ酒クサッ」
歩美を担いで、階段を登る。
何故か持ってる合鍵でドアを開け、ベットに放り込んだ。


「有り難う」
自宅の場所を告げて、タクシーは走り始めた。
フト
見るとバナパスポートカードがクリップに挟んで有る。
「運転手さん。ゲーセン行かれるんですか?」
「あ~え~。絆をね」
「そうなんですか!僕もやるんです。エフツァリアーノ大尉って全カタカナのネームなんですけど、マチしてません?」
「エーッ!エフツァリさんですか?私はフェデリコティーです。オデッサでお世話になりました」
「いやいや。酷いマチだったのに2拠点行ったのは神憑りでしたね」
「何言ってるんですか……鹵獲ザクでアンチ3枚捌いて、結局3機とも落としたでしょ? 神憑ってたのはエフツァリさんの方でしょ?」
「レーダー見て、右機動したリコティーさんのおかげですよ。あれで瞬間タイマンになりましたからね。奇跡でも神憑りでもなくて、必然です」
「……お互い宇宙世紀に捕まりましたね」
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ