別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
行き先を告げて、タクシーが走り出す。
一転泣き始めた。
「刑事さん!私が振られました……振られるつもりはなかったんです」
「歩美。落ち着け。お前は悪くない」
「悪くないのに振られましたぁ」
「そうやって男を見る目を鍛えりゃ最高のヤツをつかまえられるさ。まだ最高じゃなかったんだよ」
「次期社長で、ポルシェに乗って、25万のティファニーのネックレスを首に付けてくれるより上が有るの?」
「ティファニーで25万なんて安く見やがって、明日ぶん殴ってやるよ。初代元カレの右ストレートをお見舞いしてやる」
運転手がプッと笑った。
「いや。すいません」
「大丈夫です。寝ちゃいましたよ。たくっどうやって金持ちの御曹司と知り合ったんだか」
「聞きたいんですが?なんで初代元カレが?」
「俺が一番フィットしてるんだけど、彼女の理想とは違うんでしょう。だから抵抗し続けて7人目が終了。いい加減あきらめて欲しいですよ」
「なるほど。彼女は幸せですね。我慢強く待っててくれる人が居て」
「待ってる訳でもないんだけど、こっちも良縁が来ないだけで」
「これが良縁だからでしょ?」
「そうも言えますかねぇ……」
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ