別話ゲーマーズフロント
別話ゲーマーズフロント

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/03
最終更新日:2015/08/22 22:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
別話ゲーマーズフロント 第1章 オールドタイプ
大佐は笑みを浮かべて消えた。
ーセーブしています。しばらくお待ち下さい……セーブ完了しました……終了シークエンスに入ります
機体はオートで発艦して、ゲーマーズフロントの屋上の穴に着地して、天井が閉じた。
両手のバーを握って
「除装ロック解除」
ーロック解除……除装します
バシュー
前が開いて、中島がPCから顔を上げた。
「満点とはさすがだな」
「おなじみのチュートリアルだ。こいつが実戦兵器とはな。リクルート窓口はこれからゲーセンに設置すべきだな」
「実戦は機動するとGが掛かるから、また別物だ。もっとも減Gシステムとかで1/2になるらしい」
「どうやって?」
「簡単に言うと反重力を使うらしい」
「簡単に言うとねか……。いつから反重力が使えるようになったんだ?」
「さぁな……能登島さんは未認可テクノロジーの見本市だからな。反重力はロケット産業保護の為に、伏せられてるらしい」
「てっ事は、こいつは自力で月まで行って戻ってこれるのか?」
「生命維持のバックパックが要る。でも設計図だけで、実物が製作されてないから無理だ」
腕時計を見た。
「とりあえず家に帰る。続きは明日だな」
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ