☆実話 闇の世界 ツケは必ず払わねば☆
☆実話 闇の世界 ツケは必ず払わねば☆
アフィリエイトOK
発行者:ナッチ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2013/12/27
最終更新日:2014/02/02 02:04

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆実話 闇の世界 ツケは必ず払わねば☆ 第1章 呆れた毎日
 ナナがしきりに何か怒鳴っているが夏樹は無視するかの様に、運転席に乗り込んで車を走らせた。

 駐車場出口から少し慌てた感じで大柄なアメ車は市道に出て行ったがバックミラーで後方確認すると、まるでドラマのワンシーンみたいに、ナナが何か叫んでいる。

 具合が悪いだろに・・・・m(__)m

 しかし、ナナの事ばかり考えていられない。

 なんせ、隣にはエリがいるのである。
 
 夏樹は助手席のエリを見たが、どうやら泣いている様で、最悪 (*_*)(*_*)(*_*)(*_*)(*_*) どうしょう。

 せっかくのデートがだいなしで、何か気の利いた言葉をエリにかけたいが・・・・。

 今日は、このまま食事という訳にいかないので、何とかエリをなだめて送るしかない。

 エリは

 『あの人は何なの?夏さんの彼女って言ってたょ?めちゃくちゃ言われたんたけど(-_-)』

 夏樹は嘘ではなく、本当の事を言う。

 『言わなかったのは悪いけど、さっきの人とは別れるんだ、もう気持ちはない。エリ、すまんな。きちんとするから。』
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ