☆実話 闇の世界 ツケは必ず払わねば☆
☆実話 闇の世界 ツケは必ず払わねば☆
アフィリエイトOK
発行者:ナッチ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2013/12/27
最終更新日:2014/02/02 02:04

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆実話 闇の世界 ツケは必ず払わねば☆ 第1章 呆れた毎日
 世の中、たいがいの人は当たり前に生き、おおよそ曲がりなりに常識内からハミ出る事なく人生をやり過ごすのが大半である。

 しかし、一部のごくわずかではあるが、常識外で物事を考え、中には学生時代より世の中からハミ出る人間がいるのも現実です。

 その始まり、裏のエリートコースは、少年時代からであり、大概はタバコや酒、夜遊び、家出、暴走族、薬物、ヤクザ、そして鑑別所、少年院とお決まりコース。

 当然、年頃になれば恋愛にも興味が人一倍あり、ドタバタでコミカルな毎日が繰り広がるのである。

 事実、私が見てきた事、体験してきた事を物語風に表現していますが、話が多少、前後する事はご勘弁下さい。

 それでは、始まり始まり。



 時は平成13年 重低音のミュージック、ご機嫌で自慢のアメ車ワゴンを運転するのは、関西に総本部があり、所属している直接の事務所が札幌にある広域暴力団組員。

 夏樹 29歳 

 暴力団になり、約10年目。

 ここは北海道の人口20万程度の○市、夏樹はこの年に二年の刑期を終えて刑務所から出所したばかりである。
 
 
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ